『HAPPY エイジング』発刊

『HAPPY エイジング』発刊

発刊の理由

発刊の理由

著者は漢方医学、未病医学、統合医療を専門とする未病研究の第一人者。未病を治すことを幸福への道ーハッピーエイジングと捉え、生老病死の苦しみを克服するための課題と説く。本書パート1では、ハッピーエイジングをテーマにした3人の超人(黒岩神奈川県知事、三木谷楽天社長兼会長、80歳で3度目のエヴェレスト登頂を果たした三浦氏)と著者との対談を掲載。パート2では著者の研究テーマでもある高齢社会における新しいライフスタイルの構築と「治・未病」について、パート3では「ハッピーエイジング」の実践のためのポイントとアドバイスを紹介。超高齢社会に入り社会システムの再構築が急務となっている現代社会に、高齢者が幸せに暮せる「ハッピーエイジング」の普及を提唱する。

HAPPYエイジングの原点は夢 ・・・
そして、治未病とは
単に体の異常がないことではなく、もっと精神的に満たされている状態。
満足感、HAPPYの状態を作っていく(マネジメント)こと。

概要

概要
『HAPPYエイジング〜今こそ、治未病〜』表紙 劉 影 天野 暁
『HAPPYエイジング〜今こそ、治未病〜』裏面 劉 影 天野 暁

「HAPPYエイジング 今こそ、治・未病」

天野暁 (劉影) (著)、田渕 亮子 (本文中の日本画)
発行形態:書籍(単行本)
判型:AB判変形(180mmX231mm)
ページ数:112ページ
ISBN:978-4-86050-073-3
C-code:0036
ジャンル:暮らし 健康
発行日:2014年01月30日

■ パートⅠ
 「輝くいのち」を探訪 〈天野暁のウルトラ対談〉

  • 未病を治して健康寿命をアップ 神奈川県知事 黒岩 祐治
    超高齢社会と未病対応/未病のエッセンス/自然との対話/「いのち輝く」の価値観/個別医療のステージ/『老子』を読む
  • ニュービジネス先駆者とHAPPYエイジング
    楽天株式会社代表取締役会長兼社長 三木谷 浩史

    「未病」と「気」/日本人の連帯感/スポーツの効用を知る/楽天的に生きる/東洋医学的な発想/場のエネルギー・ゾーン
  • エベレスト頂上に立つ超人の「治・未病」
    冒険家・プロスキーヤー 三浦 雄一郎

    世界の「ミウラ」/「治・未病」と登山/トレーニング再開/「医食同源」の成果/痩せ過ぎは危険/若い骨、若い筋肉/自然との一体化

■ パートⅡ 「治・未病」という文化

  • よろこびの黄金期
    (1)いのちの四季の流れ (2)「薬食茶湯一体論」の効用
  • 「天人合一」
    (1)陰陽と五行 (2)バランスを整える「気」

■ パートⅢ ハッピーエイジングの原点は夢

  • 幸せのライフスタイル くらしを見直す五つのポイント
    (1) いかに食べるか (2) いかに生きるか (3) いかに楽しむか (4) いかに運動するか (5) いかに眠るか
  • HAPPYの効果
    (1)幸せは連鎖する (2)心とコミュニケーション

■ 特別寄稿

  • ハーバードで気づいた日本の底力「人は周りに生かされている」
    ハーバード大学教授 イチロー・カワチ
  • 老子にみる未病と末病「現代に生きる陰陽哲学」
    アフラック創業者・最高顧問 大竹美喜

関連リンク

関連リンク